フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その2) | トップページ | ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その3) »

2010/10/08

バスにはドアがありません

はじめてベネズエラに来て一番びっくりしたことは…

市内バス(カミオネッタ)が、ドアをあけたまま走っているということでした。ドアがついていないバスもあります。

日本だったら、路線バスがそんなことをしたら大問題になりそうですが、こちらでは「乗り降りに便利」ということになるようです。

Bus1

Bus2

« ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その2) | トップページ | ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その3) »

コメント

う~ん、ドアなしかぁ‥テレビでは、人が鈴なりになっているそういうバスを見たことがありますけど、日本人にも乗りこなせるものなんですか??ベネズエラではスペイン語が話せないと相手にされないんですね。それは厳しい‥ヨーロッパの非英語圏でも、最近は英語くらい話さなくちゃ、という人が増えましたから、どこに行ってもずいぶん便利になりましたよ~。
smokyさん、ますますスペイン語が上達しそうですね。頑張ってください!
(私もオランダ語頑張らなくちゃ‥)

画像、拡大できるようになって見やすくなりましたねhappy01

安全性は?!と思ったりもしますが、開放感があって気持ち良い感じも。。。
乗ってみたいな~heart04

カミオネッタですが、乗りこなすのはかなり難しく、まだ一度も挑戦(?)したことはありません。

というのも、行き先の地名がフロントガラスにざっと並べられていて、それはバスごとに違います。カラカスの地名と位置関係がだいたい理解できて、自分の目的地がその路線に入っているかどうかを瞬時に判断できなければ、バスに飛び乗ることはできないのです。

また、ほとんどのバスはエアコンがついていないので、ドアを開け放して風を入れるということもあるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/49681900

この記事へのトラックバック一覧です: バスにはドアがありません:

« ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その2) | トップページ | ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その3) »