フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« ミセス・ベネズエラ | トップページ | ゴミの分別は? »

2010/10/13

コロンブス・デーじゃなかった!

今日、10月12日(火)は祝日で、学校も会社もお休みでした。

コロンブスが1492年10月12日にアメリカ大陸を発見したことを記念する日で、ベネズエラだけでなく、アメリカ合衆国でも「コロンブス・デー」として休日になります。(ただし、アメリカの場合は毎年第2月曜日で、今年は10月11日でした)

でも・・・ ベネズエラのテレビや新聞に出てきたのは、コロンブス・デーではありませんでした。今日は インディヘナの抵抗の日 だったのです!

確かにそうです。コロンブスたちがアメリカに足を踏み入れて以来、インディヘナ(原住民)は一方的にヨーロッパ人に搾取され、支配されてしまったのですから…  ベネズエラでは、コロンブスのかわりに、インディヘナの指導者だったグアイカイプロをたたえる日になったようです。

テレビには、インディヘナの人たちのお祝いの様子や、インディヘナ枠で選出された女性議員が映っていました。

祝日には国旗が掲げられます。
Flag


« ミセス・ベネズエラ | トップページ | ゴミの分別は? »

コメント

「コロンブスデー」が「インデイヘナの抵抗の日」というのはベネズエラだけじゃないですよね。
他の中南米の国々もきっとそうですよね。Muy interesante !
確かにアメリカでコロンブスデーはあったけど何をする日だったかは覚えていません。新大陸を発見したコロンブスをたたえる日だったのかしら。
10月の最大のイベントはなんと言ってもハローウインで、コロンブスデーはあまりパッとしない祝日だったような気がします。

「インディヘナの抵抗の日」の影響か、カラカスではここ2週間ほど、インディヘナに関するイベントが開かれています。

ヨガクラスに参加している La Estanciaには、インディヘナがつくったかごが展示してあったり、「インディヘナのネクタイをつくろう」というクラスがおこなわれたりしています。

中南米のその他の国はどうなのでしょうか? ただ、祝日の名前が変わったのも、ここ10年ほどのようです。

さて、アメリカの10月はどこもハロウィン色でにぎわっていますが、ここベネズエラではハロウィンのディスプレーをほとんど見ません。なんと、スーパーではすでにサンタクロースの絵のクッキーが売ってます!

でも、隣国のコロンビアにはハロウィンの飾りがあるそうです。親米(コロンビア)か反米(ベネズエラ)かの違いがこんなところにあらわれているのかも? よくわかりません…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/49730519

この記事へのトラックバック一覧です: コロンブス・デーじゃなかった!:

« ミセス・ベネズエラ | トップページ | ゴミの分別は? »