フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その4) | トップページ | 聖母マリアって… »

2010/10/20

クリスチャンなのに強盗?

ベネズエラに来る前、ここはスリや強盗、誘拐や殺人が日本に比べると格段に多いと聞いていました。でもベネズエラは国民の9割以上がクリスチャン(カトリック)です。

「殺すなかれ、盗むなかれ」というキリストの教えがあるのに、なぜ犯罪が多いのかsign02 とても不思議でした。

でも、ここで感じることは… 

「自分に都合がいいように物事をすすめる」ことが、公共心よりも、キリストの教えよりも、優先されてしまうのかなということ。

財布の中身が必要な額よりも少なかったら、手っ取り早く誰かの財布から不足分を頂いてしまえばいいのです。また、良い車rvcar(トヨタのSUV)、良い携帯mobilephone(ブラックベリー)、宝飾品shine、パソコンpc、デジカメcameraなどは盗んで売ればお金moneybagになります。

日本では、行政が税金を集めて必要な人たちに金銭的な支援をしますが、ここでは、支援が必要な人が自主的に不足分を回収するような感じです。

「所得の再分配」の1つのシステム(?)と考えれば、キリストの教えもどこかへとんでいってしまうupwardrightのも仕方ありません…

とはいっても、今日新聞に記事が出ていた「先週末、聖母のロザリオと王冠(18世紀につくられた金製)が教会から盗まれた」については、信徒たちは心を痛めていたそうです

 ↑ これはいくらなんでもやりすぎ・・・

« ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その4) | トップページ | 聖母マリアって… »

コメント

ベネズエラでは、生きるために、貧しさ故に犯罪を犯すということですよね。
最近の日本で見られる若者による無差別殺人などに比べると、まだ動機が健全(?)というか、分かりやすいですよね。生活には何不自由ないのに、「いらいらしてたから」「退屈だから」「孤独だから」みたいな理由で人を襲うことの方が本当に怖いように思います。
いずれにしても、自己防衛が肝心ということでしょうか‥

日本は物に恵まれすぎているし、電気や水道などが突然止まることもまずないので、若者たちは生きていくための心配というよりも、よく生きるための心配をするのかなと考えるようになりました。

「自分が思うように生きられない」という不満を他人に向けてしまう不合理さ… これは断じて許されるものではありません。

ただ、日本社会の几帳面さは、若者をかなり精神的に追い詰めているのではないかということも感じるようになりました。

他人に迷惑をかけてはならない、人前ではきちんとする、お客様には愛想よく応対する、集団の決まりを守る、失敗してはならない… 

こうしたプレッシャーをかけるのではなく、あたたかく見守る、失敗を許す、叱るのではなくアドバイスする、などの姿勢や気持の余裕があればもっともっと暮らしやすい社会になるのにと思ってしまいます。

 でも、さすがにベネズエラで、店員がアイスクリームを食べながらレジをうったり、マクドナルドで店員(恋人?)同士がレジの前で抱き合ったりしているのには呆れましたdespair こちらは多少のプレッシャーが必要??

確かに、日本の社会は暗黙の規範がことのほか厳しく、それに適合できない人は冷たくはじかれてしまうようなところがあると私も思います。日本の学校にも同じような風潮があるので、学校に居場所がなくなる子供も多いように思います。肌の色が違う人はあまりいないかもしれませんが、もっと多様な人を受け入れる寛容さが欲しいと、私も思います。
もちろん、良いところもたくさんありますよね。日本に旅行したり、住んだことのある外国人に会うと、ほとんど例外なく「日本人はみんなとても親切だった。すばらしい国だ。」と言ってくれるので嬉しくなります。

ラテンアメリカの人たちはとっても賑やかなので、日本だけでなく、ヨーロッパでも、「あの外国人は夜まで騒いでうるさい」などのトラブルが発生していると聞きました。うさこさんの住むオランダではいかがでしょうか?

暗黙の規範から外れた人を非難したり、排除したりするのではなく、対話することでお互いに歩みよっていくということも今後は社会のあらゆる場面で必要になってくると思います。でも、そのためには時間的、精神的に余裕がないと無理ですよね…  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/49795796

この記事へのトラックバック一覧です: クリスチャンなのに強盗?:

« ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その4) | トップページ | 聖母マリアって… »