フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その6) | トップページ | 中南米のニュースって日本にはすぐに届かない? »

2010/11/05

メディア・リテラシー

メディア・リテラシーとは… マスコミによって発信されるたくさんの情報の中から、正しい情報を見きわめ、それを活用すること。 日本ではこれを学校教育の中に位置づけ、子どもたちに身につけさせようとしています。

でも・・・  メディア・リテラシーって難しい! 日本にいたら、大人だって流されてしまいます。「納豆は健康によい」とか「バナナで体重が減った」などがテレビで放送されると、スーパーの棚からあっという間に納豆やバナナがなくなってしまいます。マスコミの力ってものすごく大きくて、正しい情報かどうかを判断することは、かなりの能力を必要とします。

ここベネズエラでは・・・  メディア・リテラシーを磨くのに最高の環境だと気がつきました。というのも、マスメディアによって伝えることが違うのです。

政府系放送局は与党や大統領の見解を支持する情報を伝えます。いつ・どこで・どんな事件や犯罪が起きたのかといった国にとって「些細な」情報は流しません。社会主義は素晴らしい! ということを日々伝え続けています。

そして、民間放送局は、それぞれの局のカラーがあって、政府の見解に真っ向から反論する局、人気ドラマから身近な事件まで広く取り上げる局、カトリックのプログラムが多い局、ドキュメンタリーなど教育番組が多い局などバラエティに富んでいます。

こんな状況なので、いつのまにかテレビを見るときは、客観的に情報を受け取るようになりました。

 ・ これはチャベス(大統領)チャンネル(=政府系放送局)だから誇大宣伝でも仕方ない。
 ・ この人はかなり怒っているから、反政府系チャンネルにぴったり。
 ・ 日本だったら、バスや地下鉄の中で銃を突きつけて強盗したら大事件だけど、マスコミは取り上げない?
(ただし、地下鉄については、利用者の不安をあおらないように政府が情報統制しているのでは? という疑いもあるのですが)

また、新聞に出ていても、間違っている情報もあり、複数のメディアをチェックする必要性も感じました。

あえて何もしなくても、メディア・リテラシーが身につくベネズエラ。子どもの教育には最高ですbook

« ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その6) | トップページ | 中南米のニュースって日本にはすぐに届かない? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/49941971

この記事へのトラックバック一覧です: メディア・リテラシー:

« ベネズエラを安全・快適に旅行するには?(その6) | トップページ | 中南米のニュースって日本にはすぐに届かない? »