フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« ハリケーン トーマス | トップページ | 完成しない建物 »

2010/11/07

ベネズエラの朝食

ベネズエラではトウモロコシの粉がいろいろな料理につかわれています。気候的に小麦よりもトウモロコシが収穫できることから広く普及したのでしょう。日本のお米のような存在です。

朝食は「アレパ」と呼ばれるトウモロコシの粉を水で溶いて焼いたものを食べます。ここにお好みでチーズやハムやチキンなどをはさみます。

トウモロコシの粉(PAN、JUANAはどちらもブランド名です。ちなみに、スペイン語でパンのことはPANといいます)
Pan

フライパンで焼いているところ
Pan02


完成です。トウモロコシの粉って、結構カロリーがあるようで、お腹がいっぱいになります。朝食にはぴったりですが、食べ過ぎると太ります…
Pan03


我が家ではタマゴやベーコン、サラダなどといっしょに食べます。
Pan04


  

« ハリケーン トーマス | トップページ | 完成しない建物 »

コメント

初めまして!
懐かしいヴェネズエラの記事を見て、今、アレパとエンパナーダを作っております。我々は、5人家族で1997年から2000年までヴェネにおりました。カラカスのサンタ・エドゥビヒスという地区に住んでおり、その際には、コロンビア出身のお手伝いさんがアレパはもちろんプラタノ・フリータとか、パベジョンとかモンドンゴとか作ってくれましたが、その時によく習っておればと反省しております。
ベネズエラの粉が手に入らないので、GABANのコーンフラワーを買って使おうと思っておりますが、どうなることか。
最近、カラカスにあったオペラのアップルパイが食べたくて、探しておりますが、あれ以上のパイは見つかっておりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/49960685

この記事へのトラックバック一覧です: ベネズエラの朝食:

« ハリケーン トーマス | トップページ | 完成しない建物 »