フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« 為替レートがかわります | トップページ | 新しい国会が始まりました »

2011/01/05

社会主義製の牛乳をかいました

日本では今日4日が仕事始め。ベネズエラは3日から(今年は2日が日曜日)のハズですが、まだあちらこちらの店が閉まっていて、人通りもあまり多くありません。いつも新聞を買うキオスコもずっと閉まったままです。

近所の店には「10日(来週月曜日)から営業」との貼り紙がしてありました。多くの学校も10日スタートです。ベネズエラ時間で、何事ものんび~り再開です。

さて、いろいろな方にご心配をおかけしてしまいましたが、今日は牛乳が買えましたhappy01 近所のショッピングセンターに向かって歩いていたら、スーパーマーケットの袋に牛乳を入れて持っている人を発見!

(日本では、人が持っているスーパーの袋の中身なんて関心もなかったけど、こちらでは必ず見てしまいます。何を「いま」買えるかがわかるのです…)

さっそくスーパーへ。無事、牛乳を手に入れました。ついでに、年末には品不足で買えなかったサラダ油も今日は山積みになっていたので、買ってきました。

牛乳(leche)ですが、国営工場でつくられた Hecho en Socialismo (Made in Socialism  社会主義製)です。
Leche02


「社会主義製」のマーク。国営工場でつくられた製品にはこのマークがつけられています。
Leche03

« 為替レートがかわります | トップページ | 新しい国会が始まりました »

コメント

う~ん、社会主義製牛乳ですか。興味深いですね。お味は日本のものと比べていかがですか?民間の牛乳も売っているのでしょうか。
オランダの住宅は総じて古いです。我家の内観は入居前にリフォームしたばかりできれいですが、配管は細くて青さびだらけで「何?これ~」です(泣)水周り等は今のところ問題なく使えていますが、やはり湯沸し兼暖房設備がお粗末で心配です。市内の運河沿いの古い建物は、外観は歴史的な風格を感じさせ美しいのですが、隙間風が入って寒かったりと、やはり難ありのようです。
日本の住宅は、美しいとは言えないかもしれませんが快適なことは間違いないです。
Smokyさんのお住まいは快適ですか?

うさこさん  牛乳ですが、民間の牛乳もあります。味はどれもそれほど変わらないような気がします。

日本では自分の好きなブランドの牛乳を選べますが、カラカスでは1種類の牛乳が大量に入荷されて、それがなくなってしばらくするとまた別の種類が入荷されるという具合なので、選択の余地はありません。たまたま、昨日はLos Andesが買えたということになります。

Los Andesはヨーグルトも出しているのですが、これはほぼいつでも買えます。他の民間メーカーのヨーグルトよりもさらっとして飲みやすいので、個人的には好きなブランドです。

さて、いま住んでいる地区は35年から40年くらい前に開発されたところで、その年代の建物が集まっています。が、我が家のアパートは比較的新しく、15年ほど前に建てられたと聞きました。そのため、水まわりなどは特に問題はないのですが、もともとの造りがいい加減で、コンセントのカバーがコンセントを抜くときに一緒に外れたり、キッチンが傾いているのか水がふちにたまってしまったり、といろいろなことが起きます。

これが日本だったら「欠陥住宅」になるはず… と思いながら暮らしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/50499414

この記事へのトラックバック一覧です: 社会主義製の牛乳をかいました:

« 為替レートがかわります | トップページ | 新しい国会が始まりました »