フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« 日本との時差は13時間半 | トップページ | 乾季になりました »

2011/01/20

放送中止のテレノベラ

ベネズエラをはじめ、中南米各国では テレノベラ(telenovela)とよばれるテレビドラマが放送されています。

話のパターンは単純です。お金持ちの男女が主人公で、恋愛をめぐる駆け引きがあったり、まわりの人たちとトラブルがあったり…  日本のドラマよりも、表現はストレートで大袈裟です。ベネズエラで製作されたドラマが他の国に行ったり、また、外国製のドラマがベネズエラに来たりと1日にいくつものドラマが放送されています。

コロンビアで製作された Chepe Fortuna というテレノベラですが、先週、政府から「放送中止にすべき」との勧告が出されました。同時に 12 Corazones という男女のカップリング番組もこの対象になりました。2つの番組を放送していた Televenという民間放送局は即この勧告に従い、翌日から放送はなくなりました。

12 Corazones はメキシコの番組で、月曜日から金曜日まで毎日夜7時に放送されていました。6人ずつの男女がお互いに質問をしたり、得意なパフォーマンスをしたりして、カップルを選ぶという番組です。カップルが成立した途端(ただし、他の人に自分のパートナーを奪われる可能性もあるので、この時点では仮成立) 激しくキスをしたり、抱き合ったりと、家族で観るには過激すぎる… という内容でした。最初「ベネズエラではこれは過激ではないのかな?」と思っていましたが、やはり子どもの観る時間帯には不適切という声があがっていて、今回の勧告になったようです。

Chepe Fortuna は私自身は観たことがないのですが、チャベス大統領がこの番組の放送中止をよろこんでいたとのこと。何でも「ベネズエラをバカにしている」と怒っていたそうです。高慢で、太っていて、悪いことをするベネズエラ人女性が登場し、その上、彼女が飼っているペットの犬の名前が「ウギート(Huguito)」だったとか。(チャベス大統領の名前は ウーゴ(Hugo)  ウギートは「小さいウーゴ」という感じ)

日本のテレビにアジアで製作されたドラマが登場し、変な日本人が出てきて、おまけにペットの犬の名前が「なおとん」だったら、管直人総理は放送中止にするだろうか… と思ってしまいました。

« 日本との時差は13時間半 | トップページ | 乾季になりました »

コメント

こんにちは、今日も猛吹雪です。

暖かい南米がうらやましいです。ウギート(◎´∀`)ノ笑ってしまいました。アグリーベティのオリジナルはコロンビアだったと聞いています。テレノベラ、案外はまりそうです。

日本では、冬の桜という、あの名作「冬の・・・」ととてもよく似たドラマが始まりました。でも、本当に似ていて、その意味ではすばらしいです。1回見て、「これだ!」と40代の私は来週も見ようと決心しました。でも、管総理に急に中止にされたり、隣国からパクリだと批判されて中止になっても、そんなに残念だとは思えません。テレビ番組って今や時間潰しの価値しかないのではと皆冷やかな距離感をもってます。だから、どんなひどい番組をやってても腹もたたないような。

昨日、ソーシャルネットワーク見に行ってきました。楽しめたし、笑えたし、おたくを再評価しました。

日本のテレビドラマは本当によくできていると個人的には思うのですが、なぜかあまり見かけません。日本のテレビ番組といえば、子ども向けのアニメか・・・レンジャーの類のものばかりです。

でも、アジアのドラマはよく放送されています。テレノベラに親しんでいる人たちには、すんなりと受け入れられるのかもしれません。

日本は寒い(猛吹雪!)のですね。テレビの前から動けなくなる人が増えるのであれば、テレノベラが普及するチャンスかも!? と思ってしまいました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/50636615

この記事へのトラックバック一覧です: 放送中止のテレノベラ:

« 日本との時差は13時間半 | トップページ | 乾季になりました »