フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« プロ野球シーズン終了 | トップページ | ペットの写真 »

2011/02/01

ロングライフ牛乳

「牛乳が買えない時がある」との記事について、ブログを読んだ人から「ロングライフ牛乳をつくればいいのに」とのコメントをもらいました。

社会主義製の牛乳をかいました

はい! ロングライフ牛乳 (La leche larga vida) あります! いまは品ぞろえが充実していて、近所のスーパーでは1つの棚の端から端まですべてロングライフ牛乳で占められています。普通の牛乳が売られていても、ロングライフ牛乳を買う人もいます。

ロングライフ牛乳ですが、パックに入った液体タイプのほか、粉タイプ(ベビー用粉ミルクの大人バージョン。水で溶いて飲む)があり、いろいろなメーカーのものが置かれています。脱脂肪乳もあります。

しかし… これは個人的な感想ですが、ロングライフ牛乳の味ってどうも好きになれません。やっぱり牛乳とは違います。どうして、ベネズエラ人はこれで我慢できるのかなと不思議に思っていました。

でも、飲み方を考えてみて納得。どの家にもジューサーがあって、粉タイプのミルクを水とよく混ぜて最初にミルクをたくさんつくってしまいます。そこに砂糖と果物を入れてジュースにするか、コーヒーと砂糖を混ぜてカフェオーレにするか、朝食のシリアルに使うなどします。

ミルクそのものを味わうということはないので、牛乳がなくても支障はないのです。

ちなみに、製菓用の生クリームもロングライフが主流です。最初、日本と同じように生クリームをバターやチーズの売場で探していましたが、どこにもありません。結局、ロングライフ牛乳の棚で見つけました。

ロングライフ牛乳は賞味期限が長いので、何事ものんびりのベネズエラ人には扱いやすい商品なのかもしれません。牛乳を毎日欠かさず売っている几帳面な日本のお店は偉大です!


パッケージに入ったロングライフ牛乳
Leche04


« プロ野球シーズン終了 | トップページ | ペットの写真 »

コメント

Smokyさん、こんにちは。ロングライフ製品は、ストックしておくといざというときに便利そうですね。特に牛乳が手に入りにくい状況では強い味方かな?
私もかなり乳製品の味に敏感です。牛乳がおいしくない国では、必然的にチーズやヨーグルト、お菓子までおいしくない気がします。個人的にはアメリカの牛乳は今ひとつで、ケーキなんかも甘すぎるというよりは、根本的に何か違うという気がしました。オランダは乳製品がとてもおいしいです♪牛乳もコクがあって私好み♪( ^ω^ )ベネズエラの乳製品はいかがですか?
ロングライフの牛乳や生クリーム、オランダにもたくさん売っています。我家では生クリームは日常的に使うものではないのですが、常備してあると便利かなと思って、一度買ったことがあります。でも、ホイップしても泡立ちがイマイチ、味もやはり劣りますね。
新鮮な牛乳や生クリームがいつでも手に入るというのは幸せなことだと思いました。

うさこさん、オランダは乳製品が美味しいのですね♪ うらやましいです。

私自身はコーヒーに砂糖を入れないので、牛乳の味がものすごく気になります。ロングライフ牛乳でつくったカフェオーレはやっぱり何か違う…と感じてしまいます。日本ではもっぱら低温殺菌牛乳を飲んでいたのですが、同じレベルの牛乳をベネズエラで見つけるのはかなり難しいようです。

ロングライフの製菓用生クリームですが、事前に冷やしておいても、思うほど泡立ちません。また、味も甘いです。これをつかうときは、スポンジの砂糖の量を減らしたり、冷蔵庫に頻繁に入れて温度を下げるなどいろいろ工夫してみるのですが、なかなか日本のレシピ通りにはできません。

「あるもので生活する」ことは頭ではわかっているのですが、時々日本のスーパーマーケットが懐かしくなってしまいます…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/50747179

この記事へのトラックバック一覧です: ロングライフ牛乳:

« プロ野球シーズン終了 | トップページ | ペットの写真 »