フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« 犯人は少年なのですが | トップページ | 納豆製造中 »

2011/02/27

子どもの遊び場

ベネズエラは危ないから、小さい子どもを連れていくのはやめたほうがよさそう… という方へ。

ヨガのクラスが開催されている La Estancia には子どもの遊び場があります。昨年秋に真新しい遊具が設置され、連日、多くの子どもとママでにぎわっています。警備員が随所にいるのと、敷地は壁に囲まれているので、安心して子どもを遊ばせることができます。

ベネズエラ人は子どもがとても大好き。子どもを連れていれば、気軽に声をかけてもらえます。ぜひ、子連れで来てください~。

遊具のようす
Infantil01_3


子どもたちが集まっています
Infantio03


ブランコも小さい子が乗っても安心です
Infantil02

« 犯人は少年なのですが | トップページ | 納豆製造中 »

コメント

こんにちは。

明るくて、過ごしやすそうな公園ですね。うちの子も公園は大好き。前住んでいたのは、公園の隣にあるマンション。もちろん、公園目当てで引っ越しました。四季ごとに素晴らしかった公園ですが、ママたちのお付き合いにうんざりしてしまいました。

今のおうちは公園も近所付き合いもないところにしています。家の北側に大きな空き地があり、そこを買い取って、うちの子だけの公園を建設しようかと子供と二人で夢見ていました。それぐらい、公園のママたちと話すことに辟易した6年間だったのですよ。

今週から、カンボジアです。うちの子は、地震が来たらどうするの?と涙目で、私もちょっと怖くなってきました。足に怪我しても病院がないし・・・。Smokyさんならどうします?私がいかなくてもあまり困らない仕事です。

Mikiさん、コメントありがとうございます。

そうなんです。この公園は明るくて、とても過ごしやすいのです。古くて遊具が壊れているような公園もあるのですが、ここはカラカスに来たら、ぜひ足を運んでもらいたいなと思える公園です。(ただし、飲食物の持ち込みは禁止。水やミルクなら、カバンに入れていれば大丈夫ですが)

公園のママ付き合いは日本特有のものかもしれませんね。ここでは、ママだけでなく、他の人(パパ・祖母・叔母・メイドさんなど)も子どもの面倒を見ているので、公園に来ても「子どもを遊ばせる」という目的第一です。毎日来て、その公園の主になっているというママはまずいません。その点、日本からふらりとやってきても、安心して公園に行くことができます。

カンボジア行きですが、まわりの状況が整うのであれば、将来おこりうる(おこらないかもしれない)心配はひとまず置いて、行ってみてはどうでしょうか? 今、足を怪我しているとか、家が壊れてしまったとかであればやめた方がよいと思いますが、そういった障害がないのであれば、先のことを心配するよりも、行動してしまったほうがよいのでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/50983468

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの遊び場:

« 犯人は少年なのですが | トップページ | 納豆製造中 »