フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« 生活に支障はありませんが… | トップページ | カダフィ大佐は来るか? »

2011/02/22

女性銀行による支援

ベネズエラには女性銀行(Banco de la Mujer)( Banmujer) とよばれる機関があります。マイクロファイナンス(小口融資)によって、女性の起業を支援し、雇用を促進することを目的としています。

ノーベル平和賞を受賞したバングラデシュのグラミン銀行は日本でもよく知られていますが、ベネズエラにも同様の融資システムがあることを最近知りました。そして、昨日の新聞で、女性銀行代表のインタビュー記事を目にしました。

女性銀行が設立されたのは2001年9月。それから2010年末までに全体で12万7614件、総額4億8620万ボリバルの融資を実施したそうです。2人から9人の女性グループに対して、最大6%の金利でお金を貸し出し、返済期間は最大48か月となっているとのこと。

また、女性たちの起業によって、これまでに15万9881人の直接雇用が創出され、間接的には31万9762人分の仕事が生みだされたそうです。

今年も政府から8030万ボリバル(約1億6000万円)の支援を受けて、この活動をおこなうとのこと。

ベネズエラでは新しい銀行法が制定され、銀行の集権化が今後進んでいくような気配です。しかし、女性銀行の代表者は、新しい法律が女性銀行のような多様なニーズに応えるマイクロファイナンスをこれまでどおり尊重するよう訴えています。


この銀行でお金を借りられるのなら… 

豆乳屋さんを始めたら健康志向のベネズエラ人に受け入れられると思うのですが、残念ながら外国人は対象にならないようです。

« 生活に支障はありませんが… | トップページ | カダフィ大佐は来るか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/50940525

この記事へのトラックバック一覧です: 女性銀行による支援:

« 生活に支障はありませんが… | トップページ | カダフィ大佐は来るか? »