フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« 牛乳ではありません! | トップページ | ミッションだらけ »

2011/02/15

ベネズエラのバレンタインデー

2月14日はバレンタインデー。日本では女性→男性へチョコレートをプレゼントして愛を告白する(もしくは、義理を果たす!)日ですが、ここベネズエラでは女性、男性問わず 愛する者たちのお祝いの日 になっているようです。

素敵なレストランにカップルで行ったり、バラの花束を男性がプレゼントしたり… というお祝いをするそうですが、今年はインフレの影響でレストランはものすごく高額、バラの花は12本で500ボリバル(約10000円)とのこと。それでも、カラカスではこの日、花やチョコレートや風船が売れたそうです。

先週末にはカラカスのショッピングセンターで「集団結婚式」がありました。また、テレビではお店の人が朝から男女の「素敵な下着」をしきりに宣伝していました。

2月のベネズエラは 愛(アモール)でいっぱいですheart

« 牛乳ではありません! | トップページ | ミッションだらけ »

コメント

我が家のバレンタインデーは、まず、一番派手なのは一番下の娘。女子校に通っているので、いわゆる「友チョコ」の嵐です(◎´∀`)ノ
前日夜に、チョコレートケーキを2台も焼き、細かく切り分けてサランラップで包んで持って行きました。帰宅時にはそれが数倍に?!ジップロックの1ガロン入るサイズに2袋分チョコレートを持って帰ってきましたw(゚o゚)w
息子は男子校なので、全く盛り上がることもなく、母と姉からのチョコレートだけでした。
職場の学校でも男の子が落ち着かず、いつもらえるかいつもらえるかと、そわそわしておりました(笑)何人かの女子から私もチョコレートをもらいました。手作りが圧倒的に多いですね!

みーよさん、日本のバレンタインデーの様子を知らせてくださってありがとうございます。

本当に楽しそう! 女子の間でチョコレートの交換をする「友チョコ」っていいですね。クラスが「愛」で満ちあふれる空間になってしまったような感じがします。手作りチョコはいろいろな家庭の味があって、たくさんもらっても飽きないですね。

我が家も子どもがチョコレートケーキをつくって学校へ持っていきました。小学生もいるので、ビターチョコレートとミルクチョコレートの配分をどうしようかと迷っていましたが、半々にしたようです。結果は「ちょうどよかった」とのこと。チョコレートって子どもから大人まで楽しめる「奥が深い」食べ物のようです…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/50887535

この記事へのトラックバック一覧です: ベネズエラのバレンタインデー:

« 牛乳ではありません! | トップページ | ミッションだらけ »