フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« 看板がありません | トップページ | カラカスから日本へ »

2011/03/12

地震のニュース

3月11日の午後に日本で発生した大地震。朝起きてテレビをつけたら、いつもはベネズエラの新聞各紙一面を紹介しているニュース番組が、今日は日本の大地震を取り上げていました。CNN (英語のインターナショナルとスペイン語のエスパニョールの2チャンネルがある) も緊急ニュースという扱いでずっとこの地震の報道をしていました。

中南米の太平洋沿岸諸国には津波が押し寄せる恐れがあります。CNNエスパニョールでは、チリやエクアドルの首相が落ち着いて避難の準備をするようによびかけたり、沿岸諸国に津波が到達する時刻を表示したりしていました。

東京にいるベネズエラ大使も、ベネズエラのテレビ局の電話インタビューに応じて、日本の様子を伝えていました。人的・建物被害についての質問のほか、原子力発電所の状況、日本にいるベネズエラ人の安否などにも触れていました。

日本のニュースがベネズエラでこれほど大きく取り上げられたのははじめてです。いろいろな人から「家族は大丈夫だった?」と声をかけられました。スペインの放送局の番組も、この地震の報道をしています。

世界の人たちが日本の状況を心配しています・・・

« 看板がありません | トップページ | カラカスから日本へ »

コメント

Smokyさん、地震の報道は本当に心配でしたね。我家は日本語放送を受信しているので、当日はNHKニュースが24時間放映されており、TV画面にくぎ付けでした。日本語放送を契約していない家ではネットのニュースをつけっぱなしだったとか。こんなときには、やはり日本語放送はありがたいです。Smokyさんは現地のニュースが情報源だったのですね。被災国である日本の目線、外国からの目線は、報道内容にも違いが出そうです。緊急を要しないニュースでは、この比較はなかなか興味深いのですが‥(BBCとCNNでも、報道の仕方が微妙に違います!)
Smokyさんのご関係の方々は無事でしたか?当日は日本に電話も通じず、メールの返事もなかなか返ってこなくて心配でしたが、我家は何とか夜までに、両親をはじめ皆の無事を確認できました。
緊急の場合の、日本と海外との連絡方法について、今一度確認する必要があると感じました。

こんにちは。日本からです。
ひどい地震でした。私自身は千葉市に住んでいますが、美浜区、ほか浦安、舞浜などは液状化で塀が倒れたり、電柱が傾いたりしています。歩道は隆起、陥没が多く、ここはどこなんだろう?と呆然としてしまいます。
我が家ではまず、夫が海外にいたので無事。次女は学校にいたのですが、東京都内で電車も止まり帰宅できず学校にお泊りになりました。
自宅には長男と長女と私。たまたま来ていた長女の友人4人は帰宅できなくなり、宿泊。そこに東京から歩いて帰宅してきた私の弟もやってきて、8人の大所帯になりました。ラッキーだったのはそのひの午前中にコストコで大量買いしていたこと。食料は3日分位備蓄されていました。
翌日にはそれぞれみんな自宅へ戻れ、夫も成田から無事に帰宅。翌日の夕方には全員揃いました。断続的な断水以外は、何とかなっています。今日から計画停電。一日に3時間くらい停電するそうです。千葉から東京に向かっての電車は全面ストップです。

うさこさん、みーよさん、メッセージありがとうございます。突然の天災で大変な状況でしたね。

我が家もニュースを見て、すぐに日本の家族に電話をしたり、メールしたりしました。なかなか連絡が取れなかったのですが、何とかその日の夜までには無事が確認できました。名古屋の妹が仲介してメールをくれたのです。

ホント、海外の場合、被災地以外の場所を中継するなど。連絡を取り合うという方法をきちんと決めておかなければならないと痛感しました。

みーよさん、帰国してバスの窓から見た美浜区は… 液状化で道路が陥没したり、傾いたりしていました。どんなにものすごい揺れだったのだろうと、考えただけでも恐ろしくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51099091

この記事へのトラックバック一覧です: 地震のニュース:

» ベネズエラ:日本への人道支援と国外退避支援 [ILOBUR サンプル研究所]
El Universal(ベネズエラ)より原文はこちら→ベネズエラ政府は国営航空会社コンビアサの飛行機を日本に出発させた。日本に向かう飛行機には、日本に寄付するための石油や食糧を積み、帰りの飛行機では国外退避を望む在日ベネズエラ人を搭乗させる。在京大使館によれば、在日... [続きを読む]

« 看板がありません | トップページ | カラカスから日本へ »