フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« 液状化でガスが出ません | トップページ | ベネズエラとは違います »

2011/03/18

ベネズエラ生活@日本

夜に突然、ガス会社の人たちがやってきて、道路を掘り始めました。 ← 不眠不休で仕事をしているsign03  
ガス管から20リットルの水を抜いた結果、隣家のガスは復旧。ところが、我が家のガスは別のガス管に問題があるようで、復旧しませんでした。次はいつ来られるかわからない…ということで、しばらくはガスなしの生活です。

ガスコンロはありませんが、幸い、鍋物用のカセットコンロとボンベが家にありました。お湯を沸かしてお茶をつくったり、顔を洗ったりしています。(水道水は気温が低いので、ものすごく冷たいのです(+_+)

道路の液状化は水道管にも影響を与えているようで、水は出るのですが、時々ボコッという音がしています。(空気が入っている?) 下水道管も道の角度が変わったためか、流れが滞っているようで、トイレの水がなかなか流れません。ベネズエラで日常的につかっている chupon (詰まったトイレを流すゴムの器具)がなぜか日本で大活躍しています。

この調子では、いつ断水するかわからないので、バスタブにトイレ用の水を溜めました。また、ペットボトルにも水を入れてキッチンに置きました。ベネズエラの家はバスタブがないので、水のボトルが大量にストックされている状態ですが、日本はその点、便利です。

スーパーマーケットの棚にはお米がありません。また、牛乳も売り切れています。でも、お弁当やパンは売っていますし、まったく食料がないというわけではありません。海苔やふりかけ、果物、お菓子、ウエットティッシュなどを買いました。

幸い、お正月に家族が残していった米が家にあったので、それを炊飯器で炊いて、インスタント味噌汁とふりかけで朝食をつくりました。メニューはベネズエラとあまり変わりませんが、海苔がパリパリで美味しい! お米はつやつや! 味噌汁の具は豪華! と感激してしまいました。

こんな状況ですが、帰ってきてホッと一息というところですhappy01

« 液状化でガスが出ません | トップページ | ベネズエラとは違います »

コメント

あまりの光景に呆然としたまま1週間が過ぎ、
ボランティアも節電もできない、海外にいるもどかしさを感じています。

Smokyさんも同じ想いだろうな、、、とお邪魔してみたら。
・・・ご帰国中だったのですね。しかもソウル経由・・・。大変でしたね。

ともかくご家族とおうちが無事でよかった。
(私は4月頭に一時帰国予定ですが、震度5地域の自宅マンションがどうなっているか・・・)

コパンダ母さん、日本の様子は映像だけ… という状況はとてももどかしい気持ちになりますね。

私自身も帰国するまでは強烈な映像に囲まれてしまって、とても不安でしたが、帰国してみたら、何の被害もない地区もあり、ホッとしてしまいました。

今日は東京都内まで行きましたが、普段と何も変わりませんでした。今回、首都圏で被害が大きかったのは東京湾沿岸の埋め立て地だけで、そのほかの地区の建物やインフラはとくに大きな問題はなさそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51150014

この記事へのトラックバック一覧です: ベネズエラ生活@日本:

« 液状化でガスが出ません | トップページ | ベネズエラとは違います »