フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« 日本からもっていくもの(1) | トップページ | 完全復旧はまだ先です »

2011/03/29

日本からもっていくもの(2)

週末を利用して名古屋へ行ってきました。ここでも、ベネズエラに持ち帰るものを買いました。

・ 八丁味噌
赤味噌は米国から輸入したものを一応売ってはいますが、合わせ味噌のような感じです。我が家はこれがないと困るので、必ずもっていきます。

・ スヌーピーがしゃちほこの上で寝ているTシャツ
先日、名古屋にスヌーピータウンショップがオープンしました。オリジナルTシャツを買いました♪
(ベネズエラには関係ないですね…)

・ しぐれ煮、昆布などの海の幸
桑名の名物が名古屋では手軽に買えます。ご飯がおいしく食べられます。

海の幸と言えば… 日本では海産物についての規制がまだありませんが、海外では海産物の放射能汚染を懸念して輸入を禁止する動きが始まりつつあります。東京は普通の生活、名古屋ではまったく普通の生活(節電の動きはなく、デパートの明かりがまぶしいくらいでした)をしていますが、原発の事故が終息しないと「日本の食品はすべて汚染されている」という風評がどんどん広まってしまう恐れがあります。

El Universalに掲載されていた「放射能汚染の寿司」
Roll02


« 日本からもっていくもの(1) | トップページ | 完全復旧はまだ先です »

コメント

Smokyさん、ベネズエラにはいつ戻られるのですか?帰国に向けて、着々と準備を進めていらっしゃいますね。日本へ帰られた当初の不自由な生活から、日を追うごとに日常へと戻っていかれる様子がよく分かり、とても参考になりました。被災地の、復興からは程遠い光景に胸が痛みますが、東京を始め周辺地域の立ち直りの速さからは、改めて日本の国力の高さが感じられました。本当に日本ってすごい国だと思います。( ^ω^ )
ただ、放射能のことはとても心配です。外国にいると悪いニュースばかり入ってきて、ますます心配がつのります。日本政府は嘘つきだとか、国民に真実を知らせていないとか‥放射能が地表に降り注いだことは紛れもない事実なのに。
今の若い人たちが、20年後、30年後に癌になったとしても、今の政府の役人や東電の幹部たちはとっくに引退しているでしょうし、いったい誰が責任をとってくれるのか‥(`Д´)最近そんなことばかり考えてしまいますが、考え過ぎなのでしょうか?日本ではそこまで心配する人はいないのでしょうか??

うさこさん、放射能についての報道ですが、日本では視聴者から寄せられる質問に対して「この地区の水道水を乳児が飲むのは避けてください」「他県の葉物野菜なら食べても問題はありません」などの具体的な説明が多いのに対して、海外では「通常の・・・倍の放射能が検出された」「水も土壌も海も汚染された」など事件として伝えられるという違いがあるようです。

自分の身にふりかかるかどうかによって、報道の仕方が変わるのは避けられません。また、海外のタブロイド紙などはセンセーショナルであればあるほど売れるので、ますます報道が過激になるような気がします。ドイツの新聞で見た過激な報道は、とくに選挙前だったからかもしれません。

ただ、日本でも説明が不十分と感じられる点は多々あります。その答えをインターネットのいくつかのサイトで確認しながら、その都度、判断しながら生活しているような感じです。

すぐの被害はないとしても、将来どうなるかはわかりません。万全を期して、放射能の影響を受けやすい妊婦さん、乳幼児は「疎開」させるなどの措置がとれればと思うのですが、それも個人の判断に任されています。

避難しなかったのは「自己責任」などと将来言われるのかもしれません…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51245669

この記事へのトラックバック一覧です: 日本からもっていくもの(2):

« 日本からもっていくもの(1) | トップページ | 完全復旧はまだ先です »