フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« 納豆製造中 | トップページ | インフレが続きます »

2011/03/01

文化は親米

日曜日の夜、アカデミー賞授賞式の模様がテレビで生放送されました。その前から、新聞にはアカデミー賞関連の記事や、ベネズエラ映画に「勝手に」オスカーを与えるという特集まで掲載され、今年のオスカーはどの映画に与えられるのか、盛りあがりを見せていました。

そして、映画「英国王のスピーチ」(The King's Speech El discurso del rey) がオスカー4つを獲得しました。月曜日の新聞一面には、その記事が写真つきで紹介されました。(芸能欄だけではなかった!)

ちなみに、月曜日は 映画館の入場料が半額 になります。この映画、ベネズエラでは先週金曜日に封切られたばかりなので、早速、近所の映画館に行ってみました。

先月までは半額の入場料金が12.5ボリバルだったのですが、今日は15ボリバル(約300円)に値上がりしていました。それでも、日本の料金を考えるとお得です。

オスカー受賞の影響もあって、場内は満員。それもスクリーン世代の元気な高齢者ばかりです。この地区の人たちは反政府の立場の人が多く、映画の前の政府広報に、石油大臣(もちろん、チャベス大統領支持)が出てきたところ、一斉にブーイングが始まりました。(本人がそこにいる訳ではないのに…)

アカデミー賞に対する関心もそうですが、スポーツもアメリカ大リーグで活躍するベネズエラ人野球選手の動向が連日報道されています。米国の賑やかさ、華やかさはベネズエラ人の気質にぴったり合うのかもしれません。

政治は反米 でも、文化は親米   

米国との距離の取り方は、親米一辺倒の日本よりも難しそうです。

« 納豆製造中 | トップページ | インフレが続きます »

コメント

Smokyさん、カンボジア行きのアドバイス、ありがとう。確かにそうですね。

先日のNZの地震でナーバスになっていましたが、良く考えると、カンボジアのアンコールワットは2000年近く崩れていないことをみると、あそこは地震が起こりにくいし、どこにいて地震の危険はあるし、元気に行ってこようと思います。

英国王のスピーチでしたね。コリンファース大好きなので、私も帰国後見に行こうと思います。奥さん役のチョコレート工場の秘密のお母さん(名前忘れて…)も好きなので、楽しみです。とっても良かった(と思った)ソーシャルネットワークは無冠でしたね。

私も今、親米文化 Go Goなので、音楽も、Far east movement やLady gagaとか聞いて英語を勉強してるのですが、あまり彼らの英語が聞き取れません。あまりというか全然です。一から頑張ります。

mikiさん、気をつけて行ってきてくださいね!

さて、ベネズエラは親米と同時に、親欧でもあるので、映画「英国王のスピーチ」はかなり注目を集めているようです。映画の内容に関連して、新聞の健康欄でも「吃音を直すには」などの記事が見られるようになりました。

この映画について、日本での反応はどうでしょうか? 真面目な人が観たら、「戦争を奨励するようなスピーチをみんなが絶賛するなんて…」という反応も出てくるかななどと思ってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51003212

この記事へのトラックバック一覧です: 文化は親米:

« 納豆製造中 | トップページ | インフレが続きます »