フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« 極度乾燥ストア | トップページ | 破魔矢のようなもの? »

2011/04/17

新型インフルエンザが流行

日本では毎年冬に流行するインフルエンザ。1年中夏のベネズエラでは流行らないと思いこんでいましたが…

3月から新型インフルエンザ(AH1N1)が流行り始め、4月第1週目には923例に達したようです。

各地で無料のワクチン接種がおこなわれ、また、テレビでは繰り返し「手を洗うように」「フォークやスプーンを共有したりしないように」との呼びかけがおこなわれた結果、新たな患者数は激減したそうです。

インフルエンザですが、新聞によると、四季がある地域では冬に流行するものの、熱帯地域では、一年中流行する可能性があるそうです。なるほど…

« 極度乾燥ストア | トップページ | 破魔矢のようなもの? »

コメント

新型インフルエンザ、この冬は日本でも、ここオランダでも流行せず安心していましたが、まだまだ油断はできないのですね。そちらの医療体制はいかがですか?日本人でも予防接種を受けることができますか?また、かかってしまった時に、すぐにお医者さんに診てもらうことはできますか?
生活する上で、地元の医療体制はとても気になりますよね。オランダは自然治癒が基本なので、お医者さんに行ってもまず薬はでません。新型インフルエンザに対しても、自宅安静しかない、と言われるそうです。12月、1月あたりはオランダでも季節性のインフルエンザが流行っていたのですが、健康な人には予防接種をしてくれないので、我家もかからないようにビクビクしていました。
でも、オランダ人に聞くと、「インフルエンザなんて滅多にかからないし、心配したこともないわ。どうして日本人だけ毎年集団でかかるのかしら??」と、本当に不思議そうでした。そういえば、オランダの学校に学級閉鎖はないそうです。ところ変われば‥ですね。

うさこさん、オランダはインフルエンザでも自然治癒なのですねcoldsweats01 日本なら慌てて医者に駆け込んで、薬をもらうところですが…

昨シーズン、日本で子どもが新型インフルエンザにかかってしまい、リレンザを処方されました。また、学級閉鎖になってしまったため、春休みに補習授業をするなど、あと後まで対応に追われました。

ベネズエラでも、インフルエンザの予防接種はかかりつけの医者で受けることができますし、怪しい症状が出たら診てもらうこともできます。

テレビの政府広報では、「自己診断・治療はせずに、症状が出たら・・・まで電話を」と繰り返し呼びかけています。お金の問題で医者にかかることができない → そのままにして悪化させる → まわりの人たちに感染を広げる → 爆発的に感染が広がる  という事態を政府は恐れていて、とにかく感染を止めなければと考えているようです。妊婦の感染者には特別のケアもあるようです。

同じ病気の対応でも、ホント国によって差があるのですね。日本は人口密度が高いし、1クラスの子どもの人数も多いし、満員電車もあるから集団感染しやすいのかな? などと考えてしまいました、。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51416191

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザが流行:

« 極度乾燥ストア | トップページ | 破魔矢のようなもの? »