フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« 漢字はカッコいい | トップページ | 新聞のインク »

2011/04/10

ヨガクラスは大盛況

久しぶりにクアトロのクラスに行ってきました。日本に3週間戻っていたことを話したところ、クラスメートから

「家族は大丈夫だった?」
「余震は怖くなかった?」
「日本の子どもたちがたくさん避難していてかわいそう。ベネズエラに連れてきてあげられるといいのに…」
「あれだけの災害でも、日本人はまとまっていて素晴らしいわ。」
「放射能漏れが心配…」

などの声をかけられました。あわせて、すでにクラスで習った分を教えてもらいました。(何とか追いつかなくては)

ヨガのクラスにも行ってみましたが、こちらはさらに参加者が増えて、大盛況です。土曜日はこれまで通り自由参加にするようですが、火曜日と木曜日夕方のクラスは申込制に切り替えるとのこと。

日本は激動の1か月でしたが、ベネズエラはこの1カ月間まったく変わっていませんでした。資源に恵まれ、思いやり深い人たちに恵まれ、そして自然に恵まれたベネズエラは、とても頼もしい国に思えてしまいました…

« 漢字はカッコいい | トップページ | 新聞のインク »

コメント

こんにちは、はじめまして。
主人が今年の7月からベネズエラに出向になり、私と子ども二人(7歳と5歳)はついていくか検討してたところ、このブログにたどり着きました。治安がとても心配。こちらのブログでも日本では、考えられない出来事ばかりですね。
 行くか、行かないかの決定を私にゆだねられてるので、責任重大です。日本では決して味わえない経験ですが、ベネズエラに到着した途端、後悔しそうです。そして、行かなかったとしても後悔しそう。
どういう気持でベネズエラにいかれたんですか?治安の悪さがあっても行くだけの価値はありそうですか?ぶしつけな質問ですみません。

クアトロnote
この楽器に興味津々ですflair
マンドリンのようでギターのようでぜんぜん違う、日本にはない楽器note
ベネズエラの音楽が、いっぱい詰まってるCDをもらいましたnote
クアトロの音色は、カラっとしていて明るくまさしくベネズエラのイメージですnote
たぶん日本で弾いても、同じ音色は出ないのでは・・・と勝手に想像してしまいますcoldsweats01

mihoさん、はじめまして!

私も日本にいたころ、mihoさんと同じように「ベネズエラってどんな国??」と思いながらネットで調べていたことを思い出しました。

我が家の場合ですが、ベネズエラ行きを決めたのは、子どもが「カラカス日本人学校に行きたい」と言い出したことが大きかったのです。すでにカラカスにいた父親を訪ねて遊びに行った際、日本人学校を体験させてもらったのですが、個に応じた授業とアットホームな雰囲気にすっかり魅せられてしまいました。少人数ゆえ、転校生は大歓迎という状況も子どもにとっては嬉しかったようです。

ただ、日本とは違う環境であること、飼い猫の行き先のことなど考えなければならないことがいろいろあり、すぐベネズエラ生活に踏みきることはできませんでした。約半年間、日本で普段通りの生活をした後、子どもの気持ちを尊重すべく、新年度に合わせてカラカスに来ました。

以上のような経緯だったため、私自身はベネズエラに何ら期待することもなく、家族が日々安全に過ごすことができればというくらいの気持ちでした。ただし、言葉ができないと快適に生活するのが難しいと考え、スペイン語のクラスに通い始めたのです。

ところが、言葉を学びだすと周りの状況が見えるようになり、この国の面白さもわかってきました。治安面についても、殺人事件がおこるような危険な場所、犯人が狙っているもの、その手口などが新聞やテレビのニュースでわかるようになり、自分なりの対策(万全ではないかもしれませんが)が取れるようになってきました。幸いにもこの1年間、自分自身も家族も危険な目には遭っていません。

子どもの意思でスタートしたベネズエラ生活でしたが、私自身も今では来てよかったかなと思えるようになりました。日本にいたらわからなかったこと、日本では体験できないこと(クアトロを習うこともその1つです)、日本を外側からみてわかったことなど、いろいろ学ばせてもらいました。子どもも同様で、ベネズエラの人たちを前にスペイン語で挨拶をしたり、日本の太鼓を披露したりと、日本ではできない体験をさせてもらっています。日本人学校は日本人コミュニティの核となっていて、みんなに支えられているということも大変ありがたい状況です。

日本とは勝手が違うことも多々ありますが、家族揃って暮らせるというメリットは大きいと思います。カラカス生活のお仲間に入られることを期待しています!

たまきさん、ベネズエラの音楽CDを楽しまれたようですね。

クアトロはベネズエラの音楽に欠かせない楽器のようで、テレビにも毎朝登場します。南国の明るい音色の楽器という点では、ハワイのウクレレに近いかなとも思います。

クアトロの伴奏に合わせて、歌い、踊り、夜明けまで賑やかに過ごすというというのがベネズエラのパーティ(フィエスタ)のようです。
(日本だったら、苦情ものですが、こちらでは当たり前です…)

Smokyさん、親身なアドバイスありがとうございます。感謝です!

このSmokyさんのブログに出会うまでは、ベネズエラの怖い情報ばかりでほぼ100パーセント日本にいるつもりでした。
今いる日本の生活に満足しきって、平和ボケに近い生活なので、なかなか踏み切れない状態でした。 

カラカス日本人学校もホームページを見ましたよ。あまりの生徒の少なさにびっくりしました。
でも、今の日本ではあり得ないアットホームなのは、魅力ですね。

周りからも、家族が揃うのがいいといわれます。
今主人が海外出張中で、普段いなくても大丈夫ですが、この状態が1年、2年続くと、私が子供にあたりそうです。

6月ぐらいに家族でベネズエラに下見にいくかもしれません。その時にいろいろ見れたらいいなと思います。
ありがとうございました。いい報告できたらいいなと思います。

mihoさん、前向きに考えてくださっているようで、うれしいですhappy01

カラカスに来たら、美味しいものを食べて、珍しいものを見て、いっぱい楽しんでいってくださいね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51356133

この記事へのトラックバック一覧です: ヨガクラスは大盛況:

« 漢字はカッコいい | トップページ | 新聞のインク »