フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« カラカスの歌 | トップページ | クアトロクラスのご案内 »

2011/05/28

コーヒー・アート

ベネズエラのお店でコーヒーを注文するとき、初めての場合は、

Cafe con leche grande カフェ コン レッチェ グランデ (ミルク多めコーヒー) をお勧めします。

うーん、コーヒーがもう少し入っているとよいのに… と感じた場合は、2回目から Cafe marron grande カフェ マロン グランデ (ミルク少なめコーヒー) にします。

ミルクはいらない。ブラックコーヒーで飲みたいという場合は Cafe negro grande カフェ ネグロ グランデ (黒いコーヒー) にします。ただし、これはエスプレッソでとても強いので、薄めがよい場合は Cafe guayoyo grande カフェ グァジョジョ グランデ (ワヨヨとも発音する。アメリカンコーヒー) が無難です。

「コーヒーは少しでよい」場合は、grande グランデ(大 でも日本の普通サイズ)を pequeno ペケーニョ(小)にしてください。2~3口くらいのコーヒーがでてきます。


近くのカフェでは、カフェ コン レッチェ グランデやカフェ マロン グランデを注文すると素敵な作品(コーヒー・ アート!)がでてきます。家ではカフェ ネグロでも、このお店では必ずミルク入りにしていますcafe

Cafearte01


Cafearte02

« カラカスの歌 | トップページ | クアトロクラスのご案内 »

コメント

Smokyさん、今はこんなお洒落なコーヒーが出てくるんですね。
私はコーヒーが苦手で最後に飲んだのは何時?です。
ワヨヨの綴りを初めて知りました。勉強になりました。

・コン・レチェはコーヒーは四分の一、後はミルク。
・マロンはコーヒーは二分の一、後はミルク。
・ワヨヨは同じくコーヒーは二分の一、後はお湯。

と、お店の人に聞いてました(カラカスではありませんが)。

sanjoseさん、ベネズエラのコーヒーには黄金比(?!)があったのですね。教えてくださってありがとうございました。

コン・レッチェを頼むと、カップの底にほんの少しだけコーヒー(あとは全部ミルク)という店もあります。コン・レッチェでもコーヒー豆の強さによって、ミルクの量を調整しているのかもしれません。

店によって差があるのは当然のようで、お客さんがカップを手にして「もっとコーヒーを足して」とか「ミルク入れて」と言っている光景をよく目にします。日本人だったら何も言わずに「仕方ない」と思いながら飲んでしまうところですが、ベネズエラ人はコーヒーでさえ(コーヒーだからこそ?)主張するところがすごいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51789581

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー・アート:

« カラカスの歌 | トップページ | クアトロクラスのご案内 »