フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« 迷惑メール? | トップページ | 白菜の呼び方は? »

2011/05/10

バケットはお買い得

ベネズエラのパン屋さん(panaderia)に必ずあるのがフランスパン(バケット) 

よく売れるせいか、次々と補充され、いつも焼きたてのパンを買うことができます。

バケットですが、ベネズエラでは カニージャ といいます。でも、どのパン屋さんでも名前が表示されていないので、最初は「その棚のあれください…」などと注文していました。

カニージャですが、とても安いのです! 近所のパン屋では1本1.5ボリバル(約30円) スライスして、冷凍しておけば、いつでもフワフワのパンが食べられます。

外食はとても高いのですが、このパンを1本買えば、貧乏旅行の人でもかなりの節約ができそうです。

カニージャ2本。これで3ボリバル(約60円)です。

Canilla01


« 迷惑メール? | トップページ | 白菜の呼び方は? »

コメント

smokyさん、こんにちは。なるほど、ベネズエラではバゲットがよく売られているんですね。しかも、安くて美味しいとなると、かなりお買い得ですね!他のパンはどんなものが売られているんですか?食パンや甘~い菓子パンなどは売っていますか?オランダは予想外にパンが美味しいです。しかも小麦粉が安いせいか、値段もとても安いです。食パンはサンドイッチサイズに薄くスライスされていますが、でもふわふわで美味しいです(o^-^o)値段は半斤(日本の1斤より大きい)で60~70円くらいです。ドーナツや他の菓子パンもなかなかいけます。ただ、バゲットだけはイマイチなんです(;ω;)外側の皮もパリッとしていないし、中身も味気なくて。先日近所で購入したバゲットがあまりにも美味しくないので、これからラスクにしてしまおうと考えているところです。こんな風に思うのは日本人だけではないようで、フランスパンが美味しいと評判のパン屋さんは、朝からオランダ人で長蛇の列になっています~。(^-^;
そうそう、母の日のお花ですが、そういえばオランダでもバラがたくさん売られていました。よく見たわけではないのですが、確かにカーネーションは見かけなかった気がします。アメリカでは日本と同じくカーネーションでしたが、習慣というよりも産地やコストに関係するのでしょうか??母の日だろうが、誕生日だろうが、女性にはバラを‥ということでしょうかねぇ(*^-^)

smokyさん、うさこさん
日本時間で今晩はです。

ヴェネのあのパンですか!と言いたいところですが全く記憶にありません。
私の頃は、もっと小さいし、ねじれてませんでした。私の東京自宅至近のパン屋さんほうが、うんうんという感じ(失礼)。
CCSのスーパーにあったのも小さかったです。panaderiaには行ったことがないので違うのでしょう。
シウダ・ボリーバルでは大好きなpanaderiaがあり、良く出かけました。
smokyさんのお話と一緒?、お店の裏が工房で、どんどん出来たてのパンがでてきます。
これは方言なのか、種類が違うのか解りませんが、”カチータ”と言ってました。パンも小さい。
素のパンではなく”コン ハモン か ケシージョ”でした。パンの中に入ってました。
教科書で覚えるスペイン語と現地で耳により発音を覚える中では後者なのですが
地域も時代も異なるので、”ご参考”ということで。。。
でも”マラカイ出身の人間” も 「これはカチータだ」と言っていたような。。。

うさこさん。
はじめまして。いつもコメントたのしみにしています。
というのは私は、全くオランダのことはしりません。
中学生のころ、短波ラジオで”ラジオ・ネザーランド”を何とか聞いていたくらいですか。
あとは子供がチューリップ咲かして喜んだ位ですかんね。
ただ、会社のオランダ出張滞在者の話を聞くと、色々感じるところがあります。

以上、今後ともよろしくお願いします。

sanjose

うさこさん。

一度で話をまとめず申し訳ないです。
オランダに関して、とても忘れられない内容を思い出しました(私、歳なものですいません)。

アムステルダム・コンセルトヘボー管弦楽団がありますよね。
30年くらい前のアナログレコードでも、あのホールでの響きは
素晴らしかったですね。今でも、聞けるのですか。

sanjose

うさこさん、sanjoseさん、コメントありがとうございます。カラカスのローカルブログが一気にインターナショナルブログになってしまったような感じですsign01

カラカスのパン屋さんには、食パンも菓子パン(かなり甘い!)も売ってます。そして、sanjoseさんご記憶の カチート と呼ばれる ハム(カチート・デ・ハモン)やチーズ(カチート・デ・ケソ)が入った長細いパンもあります。日本のパンと同じくらい(もしくは多少大きめ)のサイズで、その場で買って飲み物と一緒に食べている人が多いです。

これに対して、カニージャはその場で食べるのではなく、家に持ち帰って、サンドイッチをつくったり、スライスして夕食に出したりなどするようです。

カニージャは安いのですが、カチートや菓子パン、クロワッサンなどは1つ10ボリバル以上(200円~)です。この値段の差が最初は理解できなかったのですが、うさこさんのお話と同様、ベネズエラも小麦粉は統制価格で安いため、中身のあるパンほど高くはないのかな…と理解することにしました。

オランダの母の日もバラですか! チューリップの国という印象が強いのですが、もしかしたら、この時期に一番出荷が多いのはバラなのかもしれませんね。

あらら、私書き間違えがあり失礼。訂正です。
カチータにケシージョはありえないですね。コン・ケソですね。すいません。
私、かの地のケソが苦手で「おいおい、ケソからケシージョなんだぞ」などとからかわれていました。
うーん、確かに言葉が発展的かもですが、CANTVのインヘニエロは楽しかったな。

私の自宅、明治神宮が至近(徒歩圏内)で良く行くきます。、地震後に外国人観光客が
激減しましたが、今は大分回復してきました。
欧米の方々は、スペイン語を話せる方が多いですね。英語より通じると思います。

インターナショナル・ブログ、良いですね。
いつも楽しみにしてます。是非、これからも続けてください。

sanjose

sanjoseさん、5月14日の記事にカチートの写真を載せてみました。

ベネズエラで買っていたものと同じでしょうか? 中身はお店によって少しずつ違うようですが(例えば、ハムもいろいろな種類がある) 外見はどの店も同じです。もっちりとした食感で、すぐにお腹一杯になってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51633279

この記事へのトラックバック一覧です: バケットはお買い得:

« 迷惑メール? | トップページ | 白菜の呼び方は? »