フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« バケットはお買い得 | トップページ | ストライキが続きます »

2011/05/12

白菜の呼び方は?

近所のスーパーマーケットで白菜を買ったときのことです。

白菜は見つかりましたが、値段がわかりません。白菜の棚には値札がなかったので、まずは棚の周囲を探します。

日本の場合、値札の後ろに必ず該当の品物が置かれていますが、ベネズエラではそうなっていません。値札があっても、別の品物が置いてあるので、いつも商品名が書かれている値札を探しますcoldsweats02

白菜は repollo chino(中国のキャベツ)のハズですが… 見当たりません。でも、それらしき値札を発見。そこには repollo coreano (コリアンのキャベツ)と書いてありました。

白菜といえばキムチの材料。コリアンのキャベツというのも納得です。なるほどと思いながら、レジで支払いを済ませ、レシートを確認したところ

中国のキャベツ

と記載してありました。うーん、どちらが正しいのでしょうかsign02

« バケットはお買い得 | トップページ | ストライキが続きます »

コメント

たてづけてもうしわけありません。
綴りは、全く覚えてませんのですが、キャベツみたいな野菜はは「レポーヨ」と言ってました。
smoky様の綴りだと「レポージョ」ですよね。
そもそも「キャベツ」だったのかな?記憶が怪しいです。
中国・韓国の種類のキャベツがあるなんて、隔世の感です。時代の差を感じますね。
私の当時ですが、日本食屋にいっても刺身のツマは皆キャベツでした。
当時は、どの国へ行っても、なかなか大根はなかったですね。

sanjose

Smokyさん、オランダでも白菜はchinese kool(シネースコール~中国のキャベツ)といいます。白菜って中国からきたのでしょうか?それにしても、韓国のキャベツというのはびっくりですねw(゚o゚)w
sanjoseさん、私の拙いコメントまで読んでくださってありがとうございます。私もSmokyさんのブログの大ファンで、ベネズエラという国をとても身近に感じるようになりました。合わせて、sanjoseさんのコメントで昔のこともよく分かり、私の方こそ、いつも楽しく読ませていただいております。
アムステルダム・コンセルトヘボウ、今は女王様より称号を賜りロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラ(RCO)といいます。sanjoseさんがお持ちのレコードでは、指揮者は誰になっていますか?現在の常任指揮者はマリス・ヤンソンス氏です。ウィーンフィル、ベルリンフィルを抜いて、今や世界1の評価を受けているすばらしいオーケストラです。
オランダは音楽鑑賞や美術館めぐり以外に、娯楽の乏しい国だと思います。(あとはお散歩くらいしか思いつきません。)こんなことを言うとSmokyさんにしかられそうですけど。(^-^;そんな中で、RCOは私の数少ない楽しみの一つになっています。(o^-^o)

日本時間で、おはようございます。只今朝の05:30ほどです。
Smokyさん、少々過去を思い出しました。
「レポーヨ」も「レポージョ」も一緒ですね。
「lla」の発音ですが、時には「ジャ」、あるいは「ヤ」、はたまた「リャ」なんて
感じでした。私としてはどれが正しいの?と聞きましたが、一般的な現地の方々は
全部同じに聞こえるとのことでした。CANTVのインヘニエロは、聞き分けててましたが
「まあ、問題ないよ」てな感じで、今思えばさすが”ヴェネ”でしたね。

うさこさん
今はRCOというのですか、ご説明まことに有り難うございます。
当時の指揮者「うーん?」ですね。
というのは、当家は十数年前に建て替えて、誠に残念ながらレコードが大分消えてしまったのです。
毎度の怪しい記憶ですが「リッカルド・ムーティ氏」だったかな?かなり怪しいです。
間違ってたらごめんなさい。
怪しい記憶ばかりですが、あのホールの響きはさすがですね。
僕の好きだったのは「(ソ連の前)ロシアの国歌?」でした。祝砲を大きな太鼓で「ドン、ドン」としていたのが
とても印象にのこってます。

Smokyさん
勝手に、ブログとずれたコメントをしまして誠に申し訳ないです。

sanjose

sanjoseさん、うさこさん、コメントありがとうございます。

今日の新聞には、中国がラテンアメリカ地域で巨額の投資をしていると出ていました。ベネズエラの中国人人口も増えており、近所のスーパーでは大根、白菜、モヤシが普通に買えます。日本の食材の入手が難しい中、とても助かっています。

そうそう、pollo(チキン)の発音ですが、「ポジョ」も「ポヨ」も聞きます。カラカスのスペイン語は語尾が曖昧なので、聞き取りにくいのですが、最近は語尾を無視して聞き取るようにしています。

ケーブルテレビでスペインのニュース番組をみると、とても発音がわかりやすいのでびっくりしてしまいます。スペインで「ポヨ」と発音したら恥ずかしいことになるのかなと思ってしまいました。

日本時間で、おはようございます。只今は早朝04:00になります。
うさこ様、オランダ、時差はどのくらいなのでしょうか?

smokyさん
大根やもやしが手軽に手に入るなんて、当時を思うと夢のようです。
確かに過去も中国人に頼むと、華僑ルートである程度の日本的な食物を調達頂けましたが
近所のスーパーで手に入るなんて、信じがたいです。まさに夢・・・

pollo、そうですね、「ポジョ」だったり「ポヨ」だったり、まあ、いずれにしても通じるのでよございましたが。
ヴェネの言葉ですが、語尾の”S”は発音しませんよね。
僕、ドゥルセがすきなのですが、「2個お願い」ということで「ドス」というと先方に「ドセ」と聞かれて
「12個は勘弁して」という感じで、もう”S”は発音しないように「ド」にしました。

過去、JFKで恐ろしく綺麗なスペイン語が聞こえてびっくりしたのですが
イベリア航空のスチュワーデスらの会話でした(今は、キャビンアテンダントというのですね)。
うーん、何と言ったらよいのか解りませんが、洗練されてるという感じですかね。

今日も早起きしてしまったので、明治神宮でラジオ体操(古い)でもしてきますかね。

sanjose

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51650506

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜の呼び方は?:

« バケットはお買い得 | トップページ | ストライキが続きます »