フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« 公共料金の支払い | トップページ | サラダ油がありません »

2011/06/03

古いお金は使用終了に

ベネズエラでは現在、古いお金と新しいお金が使われています。古いお金ですが、2011年12月31日をもって使用終了との案内が昨日(6月1日)の新聞に出ました。

ベネズエラのお金は、2008年1月のデノミで、1000ボリバル(Bs) が 1ボリバル・フェルテ(BsF) になり、新しい紙幣と硬貨が発行されました。

3年半が経過し、古い紙幣はすでにほとんど使われなくなっています。(ちなみにこの1年間、古い紙幣を見たことがありません)

問題は硬貨。

以前の6種類に加えて、新しい7種類の硬貨が流通しているため、支払いの時に1つ1つ確認しなければ、金額がよくわかりません。また、古い硬貨の場合は0を3つ外した金額にする必要があります。

さらに、ベネズエラ人はデノミ前の呼び方に慣れてしまっているため、お店では今でも「mill(ミル 1000)持ってる?」と聞かれることがあります。最初は「え? 1000!」などと戸惑いました。ミルは 1000ボリバルのこと。新しいお金では 1ボリバル・フェルテ(約20円)になります。

たしかに、コーヒー1杯を注文するのに、1000ボリバル・フェルテ(約20000円)も請求されるはずはありません…


左は古いお金、右は新しいお金、どちらも同じ金額です (1ボリバル・フェルテの半分 約10円)

Modeda01


新しいお金 12.5センティモ(1ボリバル・フェルテの半分の半分の半分  約2.5円) 12の右側に2分の1が書いてあります。2分の1って珍しい… と最初見たときはびっくりしました。

Moneda02


« 公共料金の支払い | トップページ | サラダ油がありません »

コメント

写真有り難うございます。古いお金、良く見ると500ボリーバルですか!
一見、てっきり5ボリーバルかなと思ってました。隔世の感で衝撃的です。
当時、500ボリーバル紙幣が最高金額のお札で、お店で使おうにもお釣りが無いと言われ
あまり役に立つ紙幣ではありませんでした。
マイケティーアからアルタミーラまでのタクシー料金が大体150ボリーバル程度でしたから。

立て続けですいません。
確かベネの紙幣が今もあったはずと思い、捜しました。
10、20、50、100、500ボリーバルですね。
今、当地でこの紙幣をだしたら”偽札”とか思われるますか。
中国の”外国人兌換券(今は無い?)やら”ジャマイカドルが出てきたりでちょっとびっくり。
かなり古いUSドルも。。。更にはボロボロのパスポート。
ページが無くなり、都庁で増補したときに、あまりにも汚い旅券だと怒られたことを思い出しました。
残念ながら、当時のベネ硬貨は見つかりませんでした。

sanjoseさん、500ボリバルにびっくり! なんですね。

確かに、写真上、左側の「500」は500ボリバルなのですが、今は10円ほどの価値しかありません。

古い硬貨は 10、20、50、100、500、1000ボリバルがあり、古い紙幣は 1000、2000、5000、10000、20000、50000ボリバルと続くのですが、最高の50000ボリバルでも、今の価値にすると約1000円です。

3年半前のデノミで0が3つ外れて、sanjoseさんが滞在されていたころの数字に戻ったのではないかと思われます。現在、カラカスの空港(マイケティア)から市内(アルタミラ)まで、タクシーで200ボリバル・フェルテ前後です。

昔のお札を出したら… うーん、おそらく使えないと思います。あまりにも価値が違ってしまったので、お店が受け取らないのでは? 記念にされるのが一番です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/51842729

この記事へのトラックバック一覧です: 古いお金は使用終了に:

« 公共料金の支払い | トップページ | サラダ油がありません »