フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« クアトロクラスの新学期 | トップページ | 大統領にささげる歌 »

2011/07/03

運動会はお祭りです

カラカス日本人学校で運動会がありました。

子どもの数はとても少ない学校ですが、運動会はスゴイです。ベネズエラ在住の日本人、日系人、日本語を勉強しているベネズエラ人など200人以上が集まって、1日中盛り上がりました。

朝、受付をすると「赤」か「白」のはちまきを渡されます。その場で自動的にどちらのチームに入るかが決まります。

そして、応援合戦の場面になると…

ただ人数の都合で均等に分けられたチームなのに、日本人学校の子どもたちの音頭に合わせて、「アカ」「ロハ(roja)」「シロ」「ブランコ(blanco)」などとそれぞれが自分のチーム名を叫び、相手チームに負けまいと必死で応援します。

運動会の種目ですが、リレー、つなひき、大玉転がし、パン食い競争など、日本の学校とほぼ同じです。でも、ベネズエラ人はスポーツマン精神を発揮するというよりも、どれもゲームのような感覚で楽しんでいます。お祭りのようなノリです。

大震災の被災地にエールを… との意味をこめて、福島の相馬盆踊りを全員で踊りました。帰り際に、その振りをしているベネズエラ人がいました。(音源があれば、すぐに踊り出すかも?)

ベネズエラ人がいれば、どんなところでも元気になれます。 お困りご近所 ではなくて、元気の源として、地域で活用(!)できれば、日本も元気になれるでしょう。


全員でラジオ体操。日本人学校の模範の子どもを見ながら体操します。
Undokai01


応援合戦。ノリノリです。
Undokai03


そして、結果は… 白が勝ちました。
Undokai02

« クアトロクラスの新学期 | トップページ | 大統領にささげる歌 »

コメント

楽しそうですね。雰囲気解ります。
プエルト・オルダスに居た時、日本人会の運動会に参加したことがあります。
「パン食い競争」など、今はありえないかな?と思える競技もありました。
ベネズエラ人の女性が「日の丸の旗」を振ってくれてたのが嬉しかったです。

sanjoseさんがベネズエラにいらっしゃったころは、プエルト・オルダスでも運動会があったのですね!  今は他の都市での運動会の話は聞きません。日本人・日系人が減って担い手がいなくなってしまったのかもしれません。

この運動会は、当日の受付からベネズエラ人チームのエントリー、競技の招集にいたるまで、カラカス日本人会の方々にお骨折り頂いています。ですから、学校の運動会というレベルを超えて、日本人コミュニティの一大イベントという感じです。

パン食い競争ですが、「ゲームに参加できて、パンも食べられる」 ということで、ベネズエラ人にはとても好評です♪ 

そうですか、地方では日本人会も維持が難しいのですね。
良く思い出したら、私、シウダ・ボリーバルに住んでいて、お世話になっていた日本人移民の方に誘われて行ったのでした。日本食(風)お弁当も配られたように思います。
くじ引きが盛大(ほぼ全員に何かが当たる)、ベネならではの盛り上がりでした。
僕は「手ぶら」で行ったのですが、H社の方は抽選会用の景品として「家電製品」を持ち込んでおり、かなり恥ずかしかったです。日本製家電製品なので当たった人は大喜び、司会者が「H社の提供です!」と言うので、隠れたくなりました(まさにトホホ状態)。
大会アナウンスはスペイン語で運営され、恐らく日本語が解る参加者は三分の一位しか
居なかったと思います。

sanjoseさんのコメントで納得してしまいました。

当時でも日本語がわかる人が少ないということは、今はもっと日本語が使われていないことになります。日系人でも3世、4世となってくると、日本そのものを知らない人が増えて、運動会を続けていくことは不可能になりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/52116114

この記事へのトラックバック一覧です: 運動会はお祭りです:

« クアトロクラスの新学期 | トップページ | 大統領にささげる歌 »