フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« ベネズエラのバースディソング | トップページ | ベネズエラのインディ・ジョーンズ »

2011/08/28

「金」についてのニュース

金の価格が高騰している とのニュース。

日本のテレビでは、個人が金の装飾品を店に持っていって、「高く売れたので、よい臨時収入になった♪」とよろこんでいる様子が流れていました。そこに政治家が出てきて、「それでは、米国債の代わりに金を買います。」などと言う報道はありません。

でも、ベネズエラのテレビは違いますlovely

チャベス大統領が登場して「金産業を国有化します。また、海外にあるベネズエラの金をすべて引きあげて、中央銀行で管理します。」と伝えました。ちなみに、ベネズエラでは、東部の州(オリノコ川周辺)で金が採掘されています。

これに関する新たな法律が制定されたのですが、その際 oro! oro! oro! (oro 金のこと) と言いながら大統領がサインをする様子がテレビにも流れました。(この模様は、政府の広報にも使われていて、頻繁に登場します)

ベネズエラ政府は、現在、847億1900万ドル(約6800億円)の対外債務を抱えていて、昨年1年間で、債務の増加率は37%、最近5年間でも150%を記録したそうです。対外債務を減らすために、国の資産を利用することにしたのかな? と私自身は理解しましたが、世間からは、

「石油やガスに続いて、金も国有化とは。ベネズエラの鉱物資源は国民の財産で、今の政府が勝手に処分できるものではない」
「政府に利権が集まる仕組みがまたひとつ増えた」

などの批判も聞こえてきますthink

« ベネズエラのバースディソング | トップページ | ベネズエラのインディ・ジョーンズ »

コメント

ベネズエラは、どうなるのでしょう?

animohitcさん、ベネズエラはどうなるのかは、残念ながら、私自身もよくわかりません。

この1年間を見ても、突然、新しいプロジェクトが発表されたり、それまでの事業が中断されたりと、その時の状況に応じて、いろいろなことが変化していきます。

今回の金産業国有化も、おそらく、金の価格高騰という国際的な状況を見て、思いついたプロジェクトだと推察できます。ただし、国内向けの政府広報では、採掘労働者が出てきて、「私たちの金をベネズエラのために使おう!」と話していて、政府が金を利用して外国からさらに借金したり、負債を一掃するのに使ったりする可能性には言及していません。

日本では企業の経済活動が政治から独立して行われており、政治が悪くても経済はそれなりにまわっていきますが、ここは政治と経済が一体化しているため、政治状況の悪化は即、経済的なダメージにつながってしまいます。

ということで、ベネズエラがどうなるかは、今後の政治の動向がカギになると思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/52589930

この記事へのトラックバック一覧です: 「金」についてのニュース:

« ベネズエラのバースディソング | トップページ | ベネズエラのインディ・ジョーンズ »