フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« エンパナーダの作り方 | トップページ | 子ども用のマウスウオッシュ »

2011/09/03

不思議なカレンダー

9月になりました。家のカレンダーのページをめくったところ… 何か変です。

Calendario01

そういえば、前にも新聞で変なことがありました。
印刷前のチェックが甘かった?


お詫びや回収をしなくても、社会はちゃんとまわっていきますcoldsweats01

« エンパナーダの作り方 | トップページ | 子ども用のマウスウオッシュ »

コメント

これは日本ではあり得ないでしょうね。
それにしても、なぜこの並びに!?(笑)

こんにちは!明日からベネズエラに出張に行く者です。
初めてなのでかなりびびっており情報収集をしていたのですが、ベネズエラでの生活についていろいろと知ることができ楽しく拝見させていただきました(^^)

カレンダーは日本から海外向けに作っているものを送って貰ってたので
こういうのは初めて見ました。いかにもベネと思いました。
まあ、ウチの会社の納入製品もCANTVのインヘニエロから、ディスプレイ上の
この表現はおかしすぎると良く言われたので、まあ問題ないのかな。

=>しば様
はじめまして。通関はなるようにまかせましょう!
空港で両替する際、正しく両替されているかを十分確認せねばならぬのですが
初めての国だと紙幣・貨幣が解らないんですよね。
どうぞ、お気をつけて。

35年くらい前のカラカスで、JALの方が一人駐在でいらっしゃって、毎年JALカレンダーもらって日本の気分を味わっていたのを思い出しました。たしかに、あのころ、差別用語になるかもしれませんが、日本人の間では ベネ公 と呼んでいて、結構アバウトなところをバカにしてましたが、あれはあれで良かったのかもしれませんね。 アレパの粉 米国amazonから予定の期日過ぎてもこないのでどこもいい加減です。通関は時間よめませんね。

カレンダーについて、コメントをありがとうございます。

日本なら印刷前にチェックが入るのは当然ですが、ベネズエラでは「私は知らない。私は注文を受けただけ」「私も知らない。私はデザインを担当しただけ」などと言われそうです…

こんな国だと思って付き合っているうちに、居心地がよくなってしまうかもしれません。「厳格な」日本に戻れなくなりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/52633250

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なカレンダー:

« エンパナーダの作り方 | トップページ | 子ども用のマウスウオッシュ »