フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« 小言の内容がかわります | トップページ | 雨が続きます »

2011/11/30

牛乳メーカーと大統領の攻防

最近、政府が価格統制している品目(米、サラダ油、牛乳、砂糖、コーヒーなど)が不足気味です。スーパーマーケットに並んでもあっという間に売り切れてしまいます。

国内生産量が十分でないこと (→ 値上げ禁止令)が主な原因なのですが、不足分を輸入で賄うにしても、時間差があるため、一時的に物不足になります。しばらく待つと、大量に店に届くのですが、今度は別のものが不足するという状況の繰り返しです。

ただし、生乳は輸入が難しいためか、ずっと品不足が続いています。前はほぼいつでも買えたロングライフ牛乳も、最近は探すのが難しくなってきました。

このような状況の中、先週金曜日に 「軍が牛乳メーカーの倉庫から商品や原料を押収した」とのニュースが流れました。軍のトラックに粉ミルクが次々と積み込まれている映像つきです。一見すると、

悪い牛乳メーカー と 正義の味方ベネズエラ国軍  です。

ところが、土曜日の朝刊を開いてびっくり。牛乳メーカーが紙面半分をつかって意見広告を出していました。それによると…

わたしたちは売り惜しみをするつもりはまったくなく、ずっと政府に協力してきている。国の食糧担当部門と協力して、輸入された粉ミルクを工場で容器に詰めて、指示通りの日程で市場に出荷できるように準備していた。先週もちょうど政府担当者と会合を持ったばかりだったが、翌日、突然軍がやってきて、すべて押収していってしまった。国軍も食糧担当部門も同じ政府の指示で動いているはずなのに、足並みがそろっておらず、やっていることが支離滅裂だ。

といった内容でした。要するに

足並みが揃っていない政府 と 政府に翻弄されている牛乳メーカー です。

ところが、翌日曜日、チャベス大統領はテレビ演説の中で、この牛乳メーカーの捜査をするように命じました。足並みがそろっていないとの指摘は、政府をバカにしたものだ。自分たちの利益のために、原料を買い占めるのはおかしい。銃で怪我をしたからといって、銃を売った軍が悪いということにはならない。などの話がありました。

断固たる政府 と 反撃された牛乳メーカー です。

物不足 という世間の批判の矛先が、政府ではなく、企業に向かうよう仕掛けられたような印象ですが、牛乳メーカーはそれに乗せられてしまったのかもしれませんcoldsweats02


« 小言の内容がかわります | トップページ | 雨が続きます »

コメント

続報です。

水曜日の朝刊に、牛乳メーカーが、政府および大統領に対して 「心からお詫びします」との記事が載りました。

政府の怒りをかったことに牛乳メーカーが慌てた模様です。ベネズエラでは民間企業が次々と接収されて国有化されているので、会社がとりあげられるのを恐れたのではないかと思われます。

この話、興味深いので、FBでシェアさせていただきますね。

みわさん、記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

この話から約1週間が経ちましたが、相変わらず牛乳は買えず、政府は別のメーカーの買い占めを狙いはじめました。

また、社会主義国の慣例で、政府や軍から闇市場にものが流れ、統制価格の3倍近い値段でものが売られています。理想とは逆に、お金を持っている人だけが、ものを買えるという社会になりつつあります。

昨日の新聞には「政府は闇市場にも法律を適用し、統制価格で売るようにさせる」との記事が出ましたが、実際に効力があるかどうかはわかりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/53371452

この記事へのトラックバック一覧です: 牛乳メーカーと大統領の攻防:

« 小言の内容がかわります | トップページ | 雨が続きます »