フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« リゾートの島は停電中 | トップページ | バナナの花が見られます »

2011/11/14

あきらめるのは早い?

昨日(土曜日)の新聞に 指揮者グスターボ・ドゥダメル がシモン・ボリバル・ユースオーケストラの指揮をするとの記事が出ました。今日(日曜日)の午前中にカラカスで行われるコンサートです。

ユースオーケストラのホームページで確認したところ、当日券を窓口で販売するとのこと。チケットが本当に入手できるかどうかは定かでないのですが、ドゥダメルを直に見られる機会はめったにないので、とにかく行ってみることにしました。

11時スタートのコンサートですが、会場に9時すぎに到着したところ…

すでに人が集まっていて、窓口の前には列ができていました。しかし、しばらく待っても窓口が開く気配はありません。窓口の前の貼り紙をみたら「完売」となっています(?)

そのうち、何人かの人が会場のスタッフを囲んで文句を言い始めました。

「朝6時に来たのに、当日券がないとはどういうこと? ホームページに当日券があると書いてあった。」
「売り切れなら、どうして売り切れたとホームページに書かないのか?」
「フェイスブックやツイッターにもチケットの案内が出ていた。」
「さんざん待たせて何の補償もしないのか。」
「ドゥダメルは昨日は米国にいて、来週はドイツやイタリアの公演に行ってしまう。ベネズエラでベネズエラ人が公演を観ることができないなんて!」

スタッフの説明が聞こえないくらい大声で怒鳴る人もいます。テレビの民放ニュースに出てきて、「刑務所に入っているうちの息子の待遇を何とかしろ!」とまくしたてている人とほとんど変わらないなあ… と思いながら状況を眺めていました。

説明によると、今回の公演のスポンサーの指示で、先週火曜日から一般公開分を窓口で販売し始めたとのこと。ところが翌水曜日には売り切れてしまったそうです。ところが、ホームページも書き換えられずにそのまま当日を迎えてしまった模様です。

さらに悪いことには、ある新聞の娯楽欄に「当日券あり。無料」と書かれていたようです。その記事を持ちこんで、「これは何だ。事実と違うではないか」と詰め寄る人までいました。

私自身は、

組織内の連絡が行き渡らないベネズエラではよくあること。印刷ミスもよくあること →不思議なカレンダー どうせお互いさまだし、叫んだってチケットはもうないのだから、あきらめればいいのに。

と思ってしまいました。結局、10時半ごろ会場を後にしたのですが、他の人は誰も帰らずその場に残っていました。

その後はどうなったのかはわかりません。でも、あっさりあきらめるのは、この国では間違っているのかもしれませんcatface

« リゾートの島は停電中 | トップページ | バナナの花が見られます »

コメント

続きです。

翌月曜日の朝刊一面には、このコンサートのことが写真付きで掲載されていました。その記事によると 「会場はほぼ満席で…」となっていました。

「ほぼ」ということは、「完全に満席ではなかった」?

待っていたら入れるチャンスがあったのかなと一瞬思いましたが、満席にしなかったということは、やはり当日券は出さなかったようだと解釈しましたbearing

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/53243093

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめるのは早い?:

« リゾートの島は停電中 | トップページ | バナナの花が見られます »