フォト

カテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Link

« キューバとは逆方向に | トップページ | ベネズエラのミュージカル »

2011/11/06

ピンクリボンのキャンペーン

近くのクッキー屋さんで買い物をしたら、ピンクリボンが印刷してある袋に入ってきました。

Cancerdemama02


乳がんの早期発見、早期診断、早期治療を訴えるピンクリボンのキャンペーンです。ベネズエラでも広く取り組まれています。企業の寄付のほか、チャリティコンサート、プロ野球チームによる啓発、無料検診など、キャンペーン月間の10月は、新聞記事に各種案内が掲載されました。

日本では東京タワーのライトアップが有名ですが、カラカスでも毎年10月19日に、アルタミラにあるオベリスクがピンク色になります。

Cancerdemama01


ちなみに、乳がん(cancer de seno)は、マスコミなどでは 母のがん(cancer de mama) とあらわされます。検診を受ける必要があるのは、母だけでなく、若い世代もですが、「母を守らなければ!」という社会全体の意識が感じられます。

« キューバとは逆方向に | トップページ | ベネズエラのミュージカル »

コメント

乳がんは、ベネズエラでは、「母のがん」なのですね。
以前、乳腺外科医に「胸は女性の象徴ですから…」と言われたことがあります。
日本では、「女性の象徴」である器官のがん、という意識が強いのだと思いますが、
でも、機能から考えると、母のがん、は正しいのかもしれないと、ふと思いました。
母であってもなくても、赤ちゃんを育てる母乳を作る器官のがんなのですから。
優しい言葉だな、と思いました。

pineさん、同感です!  ベネズエラは家族の連帯が強い社会なので、「母」という言葉には重みがあります。「母」が前に出ることによって、女性だけでなく、社会全体がこのキャンペーンに関わらなければならないという雰囲気がつくられているように思われます。

ピンクリボンのキャンペーンは今月も続いていて、今週は近くのレストランでキャンペーン提携ディナー(食事代の一部が寄付される、デザートはピンク色(木イチゴ)のシャーベットらしい)が出されるそうです。また、キャットフードの会社のキャンペーンでは、ピンクの猫のしっぽがクルリとリボンの形に巻かれていましたcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/53176049

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクリボンのキャンペーン:

« キューバとは逆方向に | トップページ | ベネズエラのミュージカル »