フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Link

« キリストが登場 | トップページ | カラカスから帰国の途に »

2011/12/27

コーヒーとカカオの木@カラカス

家の近くにある ラ・エスタンシア(La Estancia) たくさん植物があって、各種展覧会やコンサートなどが年中開催されています。(→ 植物園のような公園 ラ・エスタンシア

ここはずっと昔、コーヒー農園(La Hachienda)でした。ベネズエラは1920年頃、質の高いコーヒーの輸出国だったそうですが、石油産業が盛んになるにつれて、コーヒーの地位は低下してしまいました。都市部のコーヒー農園はどんどん消えてしまい、カラカス近郊で栽培している場所は、あれこれ探してみたものの、見つかりませんでした。

ところが、ラ・エスタンシアでコーヒーの木を発見したのですhappy01 正面の入口を入って右手、バナナの木のすぐ脇に、コーヒーの木がありました。コーヒーの収穫期(4月ごろ、10月ごろ)になると、赤い実をつけます。

Cafemata01


コーヒー農園の木と違うのは、木の背が高いこと。コーヒー農園の場合は、収穫のしやすさを考慮して、木を人の手の届く範囲にしてありますが、ここは収穫のことは考えていないようで、2メートル以上あります。

さらに、右手の階段を上がり、脇道に入っていったところで、カカオの木も発見しました。実が鈴なりですlovely

Cacaomata01


カカオの木は カカオ農園(→ カカオの木)に行かなければ見られないと思っていたので、びっくりしてしまいました

今、ベネズエラ政府は、伝統文化の復興に力を入れています。クアトロなどの民俗楽器の教室を開いたり、伝統工芸の展示会をしたりするなど、ラ・エスタンシアはベネズエラ文化の拠点となっています。その一環として、コーヒー、カカオ、バナナといったベネズエラ特有の農産物についても、広く知る機会を設けているようです。

カラカスに来る機会があれば、ぜひ、見学に行ってみてください。地下鉄アルタミラ駅からすぐです。開園時間や催し物などは以下のホームページにて。

PDVSA La Estancia

« キリストが登場 | トップページ | カラカスから帰国の途に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39732/53583676

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーとカカオの木@カラカス:

« キリストが登場 | トップページ | カラカスから帰国の途に »